iPhone6をiOS11.3にアップデートしました!

私はいまだにiPhone6を使ってるんですが、iOS11.0あたりからサファリでYahooを見ててもスクロールが途中からおかしくなったり、引っかかったりで、さすがに買い替えかなと思ってました。

そんな中、例のバッテリー保護を兼ねたパフォーマンス制限機能が問題になり、Appleも当初は色々理由を主張しましたが、結局世論には勝てず、バージョンアップで修正をアナウンスしました。

iOS11.3は、それに対応したもので古い機種でのパフォーマンス制限を外したものです。Youtubeで新旧OSを比較してほとんど変化なしというレポートもありますが、私としては大分良くなってます ^ ^
他にも電卓問題の修正(1+2+3の早打ちで24となってしまう)も修正されたとのことで、早速アップデートしました。

f:id:tabisuki2017:20180331223223p:plain

私は、2018/3/30の早朝にバージョンアップしました。

f:id:tabisuki2017:20180331223340p:plain

バージョンアップすると「バッテリー」の項目に新たに「バッテリーの状態(ベータ)」が追加されてます。

f:id:tabisuki2017:20180331223455p:plain

ここで自分のiPhoneのバッテリーの劣化度を確認することができます。
私のiPhoneは交換して1年ぐらいなので劣化は少ないです。
バッテリーが劣化するとピークパフォーマンス性能が標準から変わるようですが、劣化してないバッテリーでは設定を変えることは出来ないようです。
f:id:tabisuki2017:20180331223720p:plain

電卓の早打ち問題も対応されてしました。1+2+3と早押ししても追従されてます。
今回のアップデートで一番の効果は、やはりサファリのスクロール改善です
明らかにスムーズで早くなってますし、画面がおかしくなったりしません。

f:id:tabisuki2017:20180201085937p:plain

iOS 11.3のまとめ

メリット

  • サファリのスクロールがなめらか
  • 電卓の早打ちに追従
  • バッテリーの劣化が分かるようになった(アプリはありましたが)

デメリット

  • (気のせいか)バッテリーの減りが早くなった
  • バッテリーの充電100%まで時間がかかるようになった気がする(90%まではこれまでと同じだが、そこから100%までに時間がかかる)

バッテリーのデメリットは、まだ更新して間がないので様子見です(iOSはバージョンアップして数日はバッテリーの減りが早い傾向があるので)
一応マイナーアップデートなので人柱になることも少ないと思いますし、何よりサファリが快適に戻ったので、iOS11のiPhone6ユーザーは更新することをおススメします ^ ^
 

ボルボ XC60 B&Wプレミアムサウンドを聴いてきました!

きっかけは、2017 東京モーターショーボルボブースで導入されたばかりのXC60に座ったとき、付いていたオーディオがB&W プレミアムサウンドシステムだったことでした。
元々オーディオも好きな私にとって、またと無い機会なので音も聴いてみようということで、ラジオを再生したのですが、そこから流れる音はノイズだらけのラジオ音声であっても、これまで車では聴いたことのないグレードの音でした。

私は、昔はナカミチのTD-1200を中心としたフルナカミチのシステムやマッキントッシュMX402、MC431Mを中心としたシステムで長くカーオーディオを楽しんでました。
今は、時間や資金を投入するほどの情熱もなくなり、ゴルフもRCD510に換装した程度でフル純正です。純正は定位が全く無く、最初は不満でしたが、いつの間にか慣れてきてそのままです ^ ^;

今回東京へ行く用事があったので、ついでにボルボのアンテナショップも寄ってもう一度きちんとあの音を確かめたいと思った次第です。
f:id:tabisuki2017:20180320185559j:plainボルボスタジオ青山です。休日や営業時間は日によって異なります。確認は下記リンクからどうぞ。
アクセス | ボルボ・カー・ジャパン

コーヒーショップも併設されており、家具もスウェーデン製らしく癒される空間になってます。コーヒーを飲みつつ、ゆっくりしたかったですが時間がなかったです ^ ^;
ちなみにアンテナショップではあるものの車の販売もするそうです。

時間もなかったので早速、試聴をお願いしましたが快く応じてくださいました。
試聴のために窓やサンルーフも閉じてくれました。持参したCDをセンターアームレスト下にあるスロットに挿入しました。

f:id:tabisuki2017:20180320190112j:plain相変わらず試聴はアイドルCDです ^ ^;
CDを読み込むとgracenoteにアクセスして、曲やアートワークなどアルバム情報を取得しているようです。

肝心の音質ですが、一言でいえばオーディオの音がします。(これがどれだけ大変な事かは拘った方ほど分かると思います)
センターのノーチラスツィーターとミッドのおかげか、声がしっかりセンターに定位します。
このシステムは15スピーカーで出力も1,100Wありますが、すごいのは15スピーカーもあるのに音の位相(タイミング)が合っていることです。普通は沢山スピーカーがあるほど位相を合わすのが難しく、声が裏返ったり、透明感が失われたりしやすくなりますが、このシステムはそんなことは無くて、透明な音を紡ぎ続けます。
タイムアライメントを駆使したフルデジタルのようなダッシュボード上にジオラマの様に整然と音が並ぶのではなく、XC60の場合は、フロントウインドウに一音一音が立体的に浮かびカタチが見えるようです。
また、歌い手の声の微妙なニュアンスも分かり、声が消え入りそうな部分も大切に歌っていることが分かります。

一方、欠点としては、音量を上げすぎると一部の帯域が耳障りになることや、あとボリュームノブの触感はアウディの方が拘ってると思います。音質の良さと比べれば些細なことですが。

XC60ではオプションで¥420,000と安くはないですが、もし、XC60が買えるなら必ず付けたいものです。オーディオが好きな人には、唯一無二ですから。
ただ、オーディオにあまり興味がない方には価格分の価値が見出せないかも知れませんね。
でも、XC60が買える方には、少し手間でも実際の音を聴いてみて欲しいと思います。
オーディオを聴くためだけに車を走らせたくなるくらいの音ですから。

ボルボホームページでのB&Wの紹介ページです。
XC60 | オーディオ | ボルボ・カー・ジャパン



【DIY】ゴルフ6 ワイパー交換

序章

最近の車は素人が手を入れにくくなってます。
昔はライトの玉切れや、ワイパー、タイヤやエンジンオイル交換はDIYでする人も沢山いましたが、今は国産高級車ではライト交換もバンパーを外さないと出来ない車種もあり難易度があがっています。
VWも最近はコンピュータによる車両管理が進んでおり、ある部分では国産車以上かも知れません。(家にはゴルフより新しい軽自動車がありますが、そこまで進んでいない、、)

その一環でライトやワイパー交換はまだしも、エンジンオイルはメーカー指定のものを使うのが基本です。
これはエンジン回転数や速度、走行距離などをモニターして、交換時期を管理するためです(管理の前提として、オイル品質をメーカーが把握できるのものにする必要がある)。走行距離や走り方でも変わりますが、基本1年半ぐらいは保つようになったので交換サイクルが長くなり、廃油処理の面で環境にも配慮されてると思います。交換時期になるとメーターのインジケーターで知らせてくれます。
購入当初なかなかインジケーターが表示されず壊れてるのかと思ったくらいです(笑)
インジケーターを消すにはディーラーでリセットしてもらうか、長いこと放置です(笑)
ディーラーでの交換費用は1万円ぐらいですが、昔は半年に1回交換してたことを考えればトータルで高くなってはいないです。でも1回の交換費用が高いので精神的には^ ^;ですが。

準備

だいぶ余談が長くなりましたが、今回は素人でも出来るメンテとして、ワイパー交換を紹介したいと思います。
今まで車検の時に交換してもらってたので分かりませんでしたが、交換は簡単で慣れれば5分もかかりません。
ワイパーは右ハンドルと左ハンドルでは品番が違いますので、間違って違う方を買わないことが一番の注意点かも知れません。
とりあえず、ゴルフ6(A980S)とゴルフ7(A864S)の右ハンドル用のボッシュワイパーのリンクは貼っておきます。
その他の車種はボッシュのホームページで照合します。

車種別適合品サーチ | ボッシュの自動車パーツ/アクセサリー | ボッシュ・イン・ジャパン

交換方法

ワイパーは停止時、空気抵抗を減らすためかボンネット下に隠れていて、そのままではワイパー交換できません。
なのでワイパーを上死点にもっていく必要があります。
これは簡単で車のエンジンを停止させた後、ワイパーレバーを停止位置から下に一回倒すだけです。

f:id:tabisuki2017:20180320131138p:plain

こうするとワイパーが上死点で止まったままになります。積雪地域でワイパーを立てて駐車したいときに使います。

f:id:tabisuki2017:20180320131208j:plain

ワイパーを立てられれば、あとは簡単です。ワイパーのボタン(下写真の黄丸の箇所)を押しながら上にスライドすればワイパーユニットが取れます。途中で引っかかって外れにくい時は一旦戻して、再度ボタンを押しながら引っ張るか、ワイパーの角度を少しずらすと取れます。

f:id:tabisuki2017:20180320131243j:plain

ワイパーは今回ボッシュにしました。
取れたら新しいワイパーをはめ込みます。挿入角度によって入りにくいかも知れませんが問題ないはずです。

ディーラーで交換するのと費用的には、1,000~2,000円ほどしか安くならないと思いますが、簡単な部品交換は自分で出来ると何かと役立つと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。


VW ゴルフ Dynaudio Editionを聴いてきました!

 f:id:tabisuki2017:20180316175553g:plain

Dynaudioはデンマークの有名なスピーカーメーカーです。私も好きなメーカーでいつかは手元に置きたいと思っています。Special 25は特に有名です。特徴としてスピーカーユニットからスピーカーボックスまで自社で一貫生産しているところです(スピーカーユニットは外部調達のメーカーも多い)

Dynaudioを知らない方は、吉田苑というショップにある「真実の書」を読まれることをおススメします。長いですが全て読了すればDynaudioの製品フィロソフィを深く知ることが出来るでしょう。。なかなかですが ^ ^;
http://www.yoshidaen.sakura.ne.jp/page016.html

今回、Dynaudio Editionは、ゴルフとゴルフワゴンとティグアンに設定されてます。
どの店舗に実車が展示されてるかはVWのホームページで調べることが出来ます。
試乗車・展示車検索 < フォルクスワーゲン公式サイト

車種、グレード、地域を指定すれば、どの店舗に見たい車種があるか簡単に調べることが出来ます。
地元には展示車がなかったのですが、ちょうど東京に行く機会があったので、試聴しに行くことにしました!
結論としては、Dynaudioがチューニングしたカーステレオという感じで、実はかなりお買い得です。

ドイツでは、ゴルフ6の時からDynaudio Excite Systemとしてオプション設定されてましたが、日本にはオプションでも設定がありませんでした。海外から部品を取り寄せて後付しようと思ったくらい装着を考えてましたが、アンプやOBD設定などハードルが高そうなので断念してました。
なので、正規輸入のDynaudioは非常に気になってました。

f:id:tabisuki2017:20180316180421j:plain

白色はパールが入っているので¥64,800の有料オプションになります。
初見のディーラーで非常に不躾とは思いつつ、試聴をお願いしたところ快く了承していただきました。写真で分かる通り、外部から電源供給していてオーディオ再生ができるようになっていました。
f:id:tabisuki2017:20180316180403j:plain

Dynaudioを示すのはツィーターのオーナメントぐらいで、ことさら主張してません。

ヘッドユニットもDiscover Proにグレードアップしていて画面が9.2インチと大きくなっています。しかも、DVD再生にも対応しています(標準装備のComposite MediaではDVD再生は不可)

f:id:tabisuki2017:20180316180445j:plain

まずはライブDVDから再生。ホールに反射するきめ細かい余韻まで再生されます。
f:id:tabisuki2017:20180316180505j:plain

次に松田聖子のCDで試聴です。アイドルのCDというのは合わないのかも知れませんが^ ^; 好みの音楽で聞くのは一番だと思いますので ^ ^;(ディーラーではジャズのCDが準備されてました)
CDを入れただけなのに、曲だけでなくアルバムのアートワークまで表示されました。
ステアリングのスイッチで音量調整や曲送り戻しが出来ます。
肝心の音質は、音量が小さいときは良さが分かりにくいですが、音量を上げていくと押し出しがあります。Dynaudioは低歪みが特徴なので音量を上げても大丈夫なんでしょうが(ソースの録音レベルによりますが)半分より上にすることは無いかと思います。

ディーラーによると結構売れており、在庫も少なくなっているとのことです。
装備もフルについており、ゴルフの購入を考えている方にはおススメです。
多分、社外品のハイエンドナビだともっと高音質にできると思いますが、VWはオーディオヘッドユニットもCAN-BUS(車内通信)の対象で外すとエラーになるため社外品に換装するのはかなり難しいです。

ゴルフ Dynaudio Edition(Golf TSI Highlineをベースに以下を追加で標準装備)

  • プレミアムサウンドシステム“DYNAUDIO”(総出力400W、10 チャンネル 9スピーカー)
  • ヴォルケーノブラウンマイクロフリース&ナパレザーシート / シートヒーター(運転席/助手席)
  • 専用ドアシルプレート / ウッドデコラティブパネル / ボディ同色ルーフアンテナ
  • 専用 17インチアルミホイール
  • Volkswagen 純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”
  • デジタルメータークラスター“Active Info Display”
  • LEDテールランプ(ダイナミックターンインジケーター付)
  • ダイナミックコーナリングライト / ダイナミックライトアシスト

◇限定販売台数:300 台
 インジウムグレーメタリック:150台
 オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト*:150 台
  *有償オプションカラー:¥64,800
◇全国希望小売価格(税込):¥3,629,000

ベースグレードのTSIハイライン(¥3,319,000)にDiscover Proパッケージ(¥226,800)とデジタルメーターなどがセットになったテクノロジーパッケージ(¥172,800)を追加するだけで、Dynaudio Editionと同じ価格になるので、Dynaudioやブラウンマイクロフリースシートなどは無料のようなものです。
ちなみにイギリスでは、Dynaudio Exicite soundpackという装備名で550ポンド(≒¥82,500)のオプションです。(仕向け国によってはもっと高額)

f:id:tabisuki2017:20180322093129p:plain

ゴルフのHighlineを買おうとしている方、DVDが見たい方には、オーディオもグレードアップされるのでお得だと思います。 

ソフトバンクのスマホが一番安いのは?

3月、4月は卒業/入学シーズンです。
これに合わせて子供にスマホを与える親も多いんじゃないでしょうか?

しかし、この時期にショップに行こうものなら、待ち時間2時間は当たり前、下手すると半日になってしまいます。

で、ようやく席に着いたものの、結構な料金で唖然・・・
でも、また来るのも面倒だし、子供は早く欲しいと言うので、納得できないけど契約・・・
ってパターンが多いですよね ^ ^;

ネットで買えば待ち時間も無いし、料金も安いはずと色々探しても、実は店舗とそれほど変わらない料金だった、という方も多いと思います。

ソフトバンクスマホ店舗はネットにも沢山ありますが、私が1店舗1店舗調べて一番安かったのはここです。
他のネットショップで相場感を見てから、見てもらっても構いませんので比較してみたらいかがでしょうか?

Yahoo!JAPANで勝手に動画再生されてパケット代が心配だったので再生禁止にしました

最近iPhoneなどスマホYahoo! JAPANを見ていると動画ニュース・CMが間に入っていて、勝手に再生するようになってませんか?
私も最近再生されるようになったんですが、WiFi環境ならともかく、4Gなどスマホ通信で再生されるとパケット消費が気になります。しかも、Yahooの中では、動画再生コンテンツが4つも5つもあるので余計に・・・ ^ ^;

f:id:tabisuki2017:20180201093616p:plain

すぐにスクロールさせて表示しなければイイんですが、自分が気になるニュースの上下だったりすると勝手に再生が始まり、もったいないです。
そこで、自動再生が停止できないかあれこれ試した結果、以下の方法で、Yahoo! JAPANの動画自動再生を停止させることが出来たので、豆知識として紹介したいと思います。

設定確認

Yahoo! JAPANの動画再生は、ホームページの中でします。
現在の設定は、一番上の三(赤丸の箇所)をタッチすれば確認出来ます。

f:id:tabisuki2017:20180201093641p:plain

動画再生されるのは、動画自動再生の設定が「常にするになっているのが原因です。

f:id:tabisuki2017:20180201090557p:plain

なので、これを「常にしない」に設定すればOKです。

f:id:tabisuki2017:20180201090828p:plain


簡単ですね ^ ^
豆知識なので今日は以上です。

 

tabisuki2017.hatenablog.com

 

  

 

東京モーターショー2017 -その他2

その他2です。またもコンパニオンさんばっかりですがお楽しみください!
まずはDENSOさんです。

f:id:tabisuki2017:20171117094529j:plain

f:id:tabisuki2017:20171117094553j:plain
続いては、クラリオンさんです。個人的には念願のフルデジタルシステムのカーオーディオの視聴ができて満足です。

f:id:tabisuki2017:20171117094618j:plain

f:id:tabisuki2017:20171117094847j:plain
クラリオンの横には、同業のパイオニアさんブースがありました。
コンパニオンさんが沢山いて力が入っていることが伺えます。
フロントウィンドウへの投射システムのデモもしてましたが、明るくて見やすく雪の反射でも実用になりそうなレベルです。あとはメリットのある使い方が提案できれば普及しそうです。

f:id:tabisuki2017:20171117094945j:plain

背中の開いた衣装で、カメラ族には人気でした 笑

f:id:tabisuki2017:20171117094911j:plain

f:id:tabisuki2017:20171117094929j:plain

データシステムさんのブースは、コンパニオンさん目当ての人が多かったです(笑)
どう撮ってもかわいく撮れるので写しすぎました(笑)

f:id:tabisuki2017:20171117095035j:plain

f:id:tabisuki2017:20171117095058j:plain

f:id:tabisuki2017:20171117095116j:plain

f:id:tabisuki2017:20171117095132j:plain
GMSさんのブースです。

f:id:tabisuki2017:20171117095206j:plain
ケーヒンさんのコンパニオンさんもチャーミングでした。

f:id:tabisuki2017:20171117095236j:plain
NSKのブースでは「アシタ未来研究所」というプロジェクトを紹介してました。
TMSは来場者が多いので、新プロジェクトのPRに適してると思います。

f:id:tabisuki2017:20171117095314j:plain